スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ほわほわコーヒーケーキ
2009/05/13(Wed)
わたしの好みの飲みものは、コーヒー。
お菓子やアイスクリームなども、
フレイバーにコーヒーという選択肢がある場合は、
迷うことなくコーヒー味を選びます。


そこで、食い意地のはっているわたし、
一時期、コーヒー味のケーキばかりを焼きまくり、
これがわたしの定番コーヒーケーキと
太鼓判の押せるレシピできました。


実は、イギリスで言う「コーヒーケーキ(Coffee cake)」って、
コーヒーに合うケーキってことなのでして、
必ずしもコーヒーが入っているとはかぎらないのですが、

P6180012a.jpg
このコーヒーケーキ、正真正銘のコーヒー入り
(まあ、インスタントですけど)。
しかも、コーヒーに合うってだけではなくて、
紅茶にも、日本茶にも合います。


おまけに、コーヒーモーニングの集まりにも、
アフタヌーンティーにも最適。
わが家では、休日のランチに、
焼きたてほやほやを食べるのが人気なのですが、


冷めても、翌日になっても、
まだまだほわほわしているので、
「ほわほわコーヒーケーキ」と名づけました。


ほんのり甘くてほろ苦いコーヒー味のケーキを食べたくなったら、
以下の手順で作ってみてくださいね。



[準備] 
ケーキ型に、敷き紙をしいておく。
(先のクグロフ型の場合は、バターかマーガリンを型の内部にぬり、
小麦粉をはたいて、冷蔵庫につっこんでおく)
オーブンは、180℃にあたためておく。


[材料] 18.5×9×8cmくらいのパウンド型か、18 cmのスポンジ型。

小麦粉          150g
ベーキングパウダー  小さじ1(粉類は合わせてふるっておく)
無塩バター        120g(室温にもどしておく)
(または、ベーキングマーガリン)
砂糖           120g
フリーズドライコーヒー 大さじ2
卵              3個
ミルク           大さじ2
刻みくるみ        40g(焦げない程度にオーブンでローストしておく)

刻みくるみは、お好みで他のナッツ類に変えてもいいし、
なければ、とくに入れなくてもだいじょうぶ。
チョコチップをくわえても美味しい。


(ボウル1)
1 泡だて器で、バター(マーガリン)をかきたてる。
2 砂糖の半量を2度にわけてくわえ、さらにかきたてる。
3 卵黄をひとつずつくわえ、さらにかきたてる。
4 ミルクを大さじ1杯ずつくわえてまぜる。
5 コーヒーとくるみをくわえてまぜる。


(ボウル2)
1 卵白を泡立てる。
2 泡立てながら、砂糖の半量を2、3度にわけてくわえる。
3 きめがこまかくしっかりとしたメレンゲになるまでたてる。


(ボウル1)(ボール2)のメレンゲの3分の1をまぜ、
さらに、小麦粉とベーキングパウダーをくわえてまぜる。
最後に、残りのメレンゲを全部合わせてまぜる。


準備しておいたケーキ型に流し、中央を縦に溝のようにくぼませ、
180℃にあたためておいたオーブンで45分ほど焼く。

P6280004a.jpg

こちら、ローフのトップに、
生地に焼きこむナッツ類とは別分量の刻みナッツを
ぱらぱらふりかけて焼いてみました。


コツは、とにかく、メレンゲをめいっぱい立てること。
卵白がきめ細かくしっかり立って、自然にボールの地肌をはなれ、
さっくりと割れるような感じになるまでとことん立てます。

P6280008a.jpg

それさえできていれば、
コーヒーのほろ苦いかおりをあたりにただよわせる焼きたては、
きれいに切るのがむずかしいほど。


冷めても、翌日になっても、ほわほわしっとりが持続します。
とくに、コーヒー好きの方には、お気に召していただけることまちがいなし。
ぜひぜひ、1度、お試しを~!





スポンサーサイト
この記事のURL | わが家流おもしろレシピ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。