スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ダンストンバラ城
2009/05/21(Thu)
お城へ向かう眺めのいい海岸線の道や
お城の周囲にもウォーキングコースがあるので、
一家でちょくちょく訪れるダンストンバラ城。


IMG_0668a.jpg


今回は、一眼レフをたずさえて訪れたので、
今日は、イアンの撮った画像で、
春爛漫のダンストンバラ城のもようをお届けします。


ダンストンバラ城(Dunstanburgh Castle)は
ノーサンバランド州の中では、
最大の規模を誇るお城です。


イングランド王エドワード2世のいとこにあたる
ランカスター伯爵トーマス(Earl Thomas of Lancaster)によって、
1313年に築城がはじまりました。


IMG_0710a.jpg


ランカスター家と言えば、
ヨーク家との勢力紛争、
薔薇(ばら)戦争(1455‐1485)を思い出しますが、


このダンストンバラ城も、薔薇戦争では、
ランカスター家側の要塞として使用されました。


けれども、
薔薇戦争でこうむった戦禍は甚大(じんだい)で、
その後、ダンストンバラ城は廃墟へと
姿を変えていくことになったのでした。


IMG_0686a.jpg


現在は、ナショナルトラストの所有となっていますが、
国の文化財第一級建造物に指定され、
イングリッシュヘリテイジによって管理されています。


IMG_0701a.jpg


それは、ほんの2、3週間ほど前のこと。
何気なく新聞のページをめくっていたら、
見覚えのある風景が……。


その記事を読んでみると、
カナダのアルバータの観光写真に、
ノーサンバランド州の海岸線の写真が
使用されていたのだとか。


IMG_0719a.jpg


その良し悪しは別として、
こんなにお天気のよい空のもと、
この海岸沿いの景色をながめてみると、


新聞に掲載されていた画像とは
いささか異なってはいるものの、


なるほど、
観光写真に盗用したくなるほどの
景色なのだなあ~。
とも思えてくるのでした。


IMG_0699a.jpg


空と海の澄んだ青を背景に、
今が盛りの菜の花が、
緑の野原にあたたかい黄色の
コントラストをそえて、


風景は遥かに、
そして、ひたすらのどかに、
目の前に横たわっているのでありました。








今日も、最後におまけつき。

P1080132a.jpg





スポンサーサイト
この記事のURL | イアンのフォトギャラリー | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。