スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「海外生活奮闘記」のはじまりの後ろ側
2009/06/05(Fri)
毎日新聞のウェブサイト「毎日jp」で、
「海外生活奮闘記」の連載開始をお知らせしたあと、
みなさんからたくさんのお祝いや励ましのメールをいただき、
ありがとうございました!


今日は、そのお礼と、もう少し詳しい説明と、
それから、ちょっぴりウラ話など……。


まずは、
わたしが担当させていただくことになった「海外生活奮闘記」、
毎日新聞のウェブサイトだけの掲載です。
紙面には掲載されません。


毎週、火曜日にアップされます。
といっても、第1回がアップされたのは、
日本時間では深夜になってからでした。


(そんな遅くまでお仕事をされていて、もうび~っくり!
イギリスの職場では、夕方5時を過ぎれば、
人影はすっかり絶えてしまっているのですが……。


深々と頭がさがる思いで、
毎日新聞ウェブサイトの編集者の方からの
アップのお知らせを受け取ったわたしなのでした)


「海外奮闘記」がアップされるごとに、
このブログでもお知らせしようと思っているのですが、
毎日新聞のサイト「毎日jp」のホームページから
アクセスしていただくには、


「毎日jp」のホームページ、こちらのページを
下の方へず~っとスクロールしていただくと、
「ライフスタイル」というカテゴリーが出てきます。


その「ライフスタイル」の中の一番最後に、
「英語を学ぶ」というという項目があります。
この「英語を学ぶ」か、その横の「一覧」と書いてある部分を
クリックしていただくと、新しいページが開きます。


そして、開いた「英語を学ぶ」のページを、
最後まで勢いよくスクロールしていただくと、
「海外生活奮闘記」が出てまいります。
ご苦労様でした~!


というわけで、「海外生活奮闘記」、
なんと、「英語を学ぶ」というカテゴリーの中に
存在しているのです。


なぜ、英語の苦手なわたしがこんな場所に……?
わたしならずとも、そう思われるのではないかと。
でも、だからこそ、「奮闘記」なのではないかと。


英語が苦手なわたしのようなものでも、
だったら、英語が苦手なだれだって、
英語の世界に飛び込んでしまえば何とかなるもんだよ。
ほら、こんな風にね。


なんてことを、
イギリスの日常生活の中から、
具体的な話題や出来事を交えながら
お伝えすることができればいいのではないかと。


正直のところ、
毎日新聞って、日本の3大新聞の1紙ですしね。
このわたしが、そのウェブサイトで
連載を持たせていただけるなんて、


身にあまる光栄と感じる反面、
どっか~ん!と、
重荷を背負わされたような気分にもなったり……。


ですが、いただいたお祝いメールの1通に、
これまでどおりの気持ちで書いていけばいいと
アドバイスしてくださった方があって、


そう、そうすべきなんだと思ったら、
ふっと、肩の力がぬけたのでした。
でも、やっぱり、このブログに書いているような口調(?)じゃあ、
書けないですけどね。


でも、とにかく、
いつもこのブログを読みに来てくださっている
みなさんに向かって書いていけばいいんだと
気持ちが吹っ切れたわけなのでした。


という次第で、
いつもご支援いただいているみなさんのおかげで、
「海外生活奮闘記」がはじまり、
そして、回を重ねていくことができそうです。


ちなみに、新聞の紙面だと、その日かぎりの掲載ですが、
ウェブサイトだと、過去の記事もさかのぼって読んでいただけます。
編集者の方からお知らせいただいているところによると、
1年間掲載されているとのことです。




でも……。




ってことは、




1年たったら、
消されちゃうってことですよね~。






スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと気になるあんな話こんな話 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。