スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マイケル・ジャクソンかあ~
2009/07/02(Thu)
はあ~っ。困ったな~。
こりゃ、どうしたらいいものか。


「地球の歩き方」海外特派員ブログに、
先月から、月に1度のお題が設けられることになって、
先月は、ファーストフードについてだったもので、


イギリスの伝統的ファーストフードと言えば、
やっぱり、これでしょうと思って、
フィッシュ&チップスをのせたのでしたが、


早々と届いた今月のお題は、「マイケル・ジャクソン」。
たしかに、マイケル・ジャクソンの突然死、
イギリスでも大きなニュースとして報道されたものの、


イギリスでは、どんなニュースでも、
日本のようなものすごい大騒ぎにはならないのです。


例えば、
豚インフルエンザもじりじりと広がりを見せていて、
死者も出てはいるのですが、
報道もちまたの受け止め方もいたって冷静……。


マイケル・ジャクソンの死の方も、
ニュースになった当日は大きく報道されたのですが、
今朝も、ちょこっとマイケル・ジャクソンの遺児たちのことを
取り上げている新聞があるってことを
朝のBBCの番組で言っていたくらいなんですよねえ~。


で、ちなみに、
今、イギリスの報道で大きく取りあげられているのは、
イギリスの新星アンディ・マレーの活躍するウィンブルドン。
今年できたセンターコートの開閉可能の屋根の方も、
大きな話題となっています。


それに……。


イギリスの人たちって、
とにかく何でもジョークにして
笑い飛ばしてしまうってとこがあるのですよ~。


なもので、


マイケル・ジャクソンの死のニュースが流れた日の
わが家の夕食の食卓では、


職場や学校から仕入れてきた
マイケル・ジャクソンにかんするジョークが
イアンとユインのあいだで飛びかっていたのでした。


そんな、ジョークの数々なら、
ご紹介できるのですけどねえ~。


何しろ、ユインはインターネットに流れている
マイケル・ジャクソンにかんするジョークの
コレクションをしているほど……。


でも、そんなのご紹介したら、
きっと、追悼ムードに包まれている
「地球の歩き方」海外特派員ブログの
日本の読者のみなさんには、



大変なヒンシュクをかってしまいそう~。



なもので……。


やっぱり、強制というわけではない
「地球の歩き方」海外特派員ブログの月々お題、
今月のお題「マイケル・ジャクソン」は、
パスすることにした方がよさそうな~。


という内部事情を
とりあえずこのブログでお知らせしておいて、


それでは、わたしは、
すでに仕込みをはじめている
次回の「地球の歩き方」海外特派員ブログの
つづきに取り組むことにいたします。


実は、
今回のは、ちょっとした長編シリーズに
なってしまいそうな雲行きなんですよ~。


それをどのように料理するか、
下手な鉄砲も何とやらで撮りまくってきた
膨大な数の画像相手に頭をひねっている
今日のわたしなのであります……。





スポンサーサイト
この記事のURL | 今日のつぶやき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。