スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の夕べに
2009/07/30(Thu)
昨日、イアンがちょっとだけ仕事を早引けして、
映画「ハリー・ポッター」の新作、
「Harry Potter and the Half-Blood Prince」
(日本名:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」)」を見てきました。


今回の作品は、
久しぶりにアニック城でもロケが行われたとのことなので、
楽しみにして出かけたのでした。


(アニック城は、わが家から車で40分ほどの距離にある
「ハリー・ポッターのお城」として知られている
ノーサンバーランド公爵家のお城です。


今も、公爵一家がお住まいなのですが、
観光シーズン中は一般公開されているので、
わたしたちも見物に出かけたことがあるのです)


ところが、いつ出てくるかいつ出てくるかと
アニック城のシーンを心待ちにしながら見守っていたのに、
どこに出てきたか気がつかないまま映画は終わってしまいました。
残念……。


毎回のことながら、
ホグワーツ特急やホグワーツ魔法学校の屋外のシーンには、
スコットランドの山々や湖の風景が登場していました。


実は、わたしたち一家、先週は、
まさにそのスコットランドの西部ハイランド地方にいて、
ぐずついたお天気に悩まされていたのですが、


スコットランドのお天気に悩まされていたのは、
わたしたちばかりじゃあなかったのだと
「ハリー・ポッター」の映画を見て実感しました。


映画の中のスコットランドの風景のシーンも、
お天気が悪くて、どよよ~んと暗かったです。
まあ、雄大な山が白いもやのヴェールをまとっていたりすると、
神秘的であったりはするのですけれど……。


「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
日本でもイギリスと同時公開になっているらしいですね。
もしごらんになる機会があった場合には、
ちょこっとホグワーツ魔法学校の屋外のシーンに、ご注目!


先週は、わたしたち一家、
そのような風景の中をえっちらおっちら歩きまわったり、
歩きまわれないほどの雨の日には、
車をぶっ飛ばしてドライブしていたのです。



ところで、そのわが家の車のことなんですが、
わたしたち、またやってしまいました。


映画を見て、そのあと、KFCに入り、、
駐車場に帰ってきたところが、
わが家の車のフロントグラスの片すみに、


P1090999a.jpg


こんなものが、張りついていたのですよ~っ!



ついこのあいだ、取り締まる側の手落ちもあって、
何とか70ポンドの罰金を免れたところなのに~。


(罰金を免れた顛末については、
こちらこちらこちらをごらんください。
そして、ついにこのような決着を見たのでしたが……)


上記の画像の袋の中には、


あなた、駐車違反です!
罰金50ポンドを支払ってちょうだい。
でも、一定の期日以内に罰金をおさめれば、
半額の25ポンドにしてあげるけど……。



なんて書かれた書類が入っていたのです。


今回の駐車違反は、
午後8時以降にならないと無料にならない駐車料金を
6時以降は無料になると読みまちがえての
駐車料金の支払い不足だったので、


どう考えても、申し開きをする余地はなく、
まあ、25ポンドだし仕方がないと、
あっさりお縄をちょうだいすることにしました。


そして、ゆうべうちに帰ってくると、すぐさま、
カードで罰金の支払いをすませてしまいました。
というわけで、気分的にはすっきり……。


ただ、2度あることは3度あるといいますからねえ。
この先、駐車には重々気をつけなければと、
肝に銘じたゆうべの一件なのでありました。


それにしても、
今回の「ハリー・ポター」の映画観賞、
高くついてしまったなあ~。





スポンサーサイト
この記事のURL | 今日のつぶやき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。