スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不思議なえにしの糸はとぎれることなく
2009/08/27(Thu)
あるときには、「偶然のいたずら」という表現だったり、
また、あるときには、「不思議な縁」などと呼ばれたり、
ときには、「運命」だと信じられたりもする。


どの表現がほんとうなのか、
わたしにはわからないのだけれど、
あとからふり返ってみると、


たしかに、いくつかのできごとが、
たがいに関係し合い、影響を及ぼしあって、
自分の人生にかかわっている
と感じることがあるものです。


そのいくつかのできごとは、
えにしと呼ばれる糸によって、
自分の過去と今とを、そして、ことによると将来をも
結びつけているのかもしれません。


最近、そんなことを感じさせる
できごとがありました。


わたしを今のわたしに導いた
えにしの糸があるとすれば、
それはまさに、
そのかけがえのない糸の1本であるにちがいないのです。


それは、先日のこと……。


高校時代の英語の先生からメールを受けとりました。
2年がかりで取り組んできた
フランク・エバンスさんの本の翻訳本が
出版されたというメールでした。


故フランク・エバンスさんは、わたしの出身の町と
イギリスのウェールズにある町アベリストゥイスが
友好関係を築くきっかけを作ってくれた人物です。


その友好関係によって両町に友好協会が設立され、
わたしは友好親善の交換留学生の第1号として、
イギリスへやってくることになったのです。


エバンスさんは戦時中に捕虜になって収容された
わたしの出身の町での捕虜生活の日々をつづった本を出版され、
収容地であったニッケル鉱山で亡くなった方々の
慰霊碑を建てられました。


その後、エバンスさんの体験と
わたしの出身の町との交流のことは、
日本の高校の英語の教科書にもとりあげられました。


(その英語の教科書の内容は、このブログでも、
わたしたち一家の「はじまりの物語」の中の
はじまりのはじまり」のページでご紹介しています)


わたしの出身の町での捕虜体験をつづったエバンスさんの本、
「Roll Call at Oeyama」は、はじめウェールズ語で、
そして、英語でも出版されたのですが、
日本語への翻訳はありませんでした。


P1100927a.jpg


これが、フランク・エバンスさんの本「Roll Call at Oeyama」
わたしがアベリストゥイスにいたときに、
エバンスさんから贈られた英語版です。


そして、こちらが、
わたしの高校時代の英語の先生だった
糸井定次先生によって翻訳され、
今月、出版された日本語版です。


憎悪と和解の大江山―あるイギリス兵捕虜の手記憎悪と和解の大江山―あるイギリス兵捕虜の手記
(2009/08)
フランク エバンス

商品詳細を見る



翻訳本の出版を知らせる
糸井定次先生のメールには、
新聞記事が添付されていました。


それは、
この本と翻訳者である先生のことが
とり上げられている
毎日新聞の地方版の記事でした。


奇遇なことに、
わたしが出身の町から交換留学生の第1号として
アベリストゥイスに送られてくることになったときにも、
毎日新聞の地方版にのせてもらったのです。


そして、そのわたしが、今度は、毎日新聞のサイトで、
海外生活奮闘記」を担当させていただくことになり、
今、ちょうどアベリストゥイスの大学の英語研修コースの日々のことを
書いているところなのです。


もしかすると、まったくの偶然なのかもしれません。
ですが、これらのできごとは、みんな、
不思議な縁でつながっているかのように感じられます。


そう言えば、
ほんの3か月前にも、
こんなことがありましたっけ……。


わたしがはじめてイギリスへやってきたのは、
もう20年近くも昔のことになってしまっているのに、
エバンスさんが本を出版された30年前、


いえいえ、それ以前、
エバンスさんがわたしの出身の町で
捕虜生活を送られた第2次世界大戦の戦時中にまで
たどることのできるえにしの糸は、


60年以上たった今でも、
とぎれてしまうことなく
紡がれつづけているように感じられます……。


そのことを、故フランク・エバンスさんに
伝えることができたらと思います。
エバンスさんの本の日本語翻訳が出たことを知らせることができたら、
エバンスさんはどんなに喜ばれることだろうと思います。


もしよかったら、
英語の教科書の中の架空のではなく、
わたしとエバンスさんとのほんとうの出会いの場面、
こちらを読んでみてください。


あのときのエバンスさんの手のぬくもりを
人なつっこいほほ笑みを
わたしは一生忘れることはないと思います。


そして、今、あらためて、
エバンスさんが本の中に書きつづった
ご自身の体験から得た平和へ願いを
将来に伝えていかねばならないと思います……。





スポンサーサイト
この記事のURL | はじまりの物語 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。