スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「オルトロスの犬」って……?
2009/09/12(Sat)
言葉にかんする感度は、
ネイティブスピーカーではない方が、
かえって敏感な場合があるものです。


ちょっと奇妙なことのようですが、
日本人は、日本語にだまされやすいのです。


それは、きっと、日本語に慣れすぎているために、
わたしたちが日本語をなめてかかっているからなのでしょう。


わたしは、すっかりだまされてしまいましたが、
英語がネイティブのユインはだまされなかったのです。
さて、あなたは……?




今、日本で放送中の「オルトロスの犬」という
ミステリー仕立てのドラマをご存じですか?


そのドラマのタイトルを目にしたとき、
ミステリー好みの視聴者をそそるうまい命名だなあ
と思いました。


ねっ。
その短いタイトルに、もうぷんぷんと、
ミステリーのにおいを漂わせているではありませんか。


そして、「オルトロス」という
不思議な響きをもつ言葉の意味を知りたくなってしまうのは、
わたしにかぎったことではないでしょう。


早速、サーチしてみたわたしが、


「ねえ。ユイン。『オルトロス』って、
ギリシア神話の中に出てくる
2つ頭のある犬のことなんだって」



と、サーチ結果を告げると、
今度は、ユインがパソコンの前にすわって、
英語のサイトで確認サーチ。


「ふ~ん。3つ頭のあるケルベロスは知ってたけど、
頭が2つのは、『オルトロス』って言うのか~」



と言って、
パソコン画面から目をあげ、
あたらめて言ったことには、


「でもさ。みやこちゃん。
『オストロスの犬』って変だよねえ」



そうかな。けっこうそそられるタイトルじゃん。
などと思っていると、


「だって、『オルトロス』が、2つ頭のある犬のことなんだよ。
だから、『オルトロスの犬』は、『2つ頭のある犬』の『犬』ってことじゃん。
この日本語、おかしくない?」



そう言われれば……。


「オルトロスの犬」って、
「シェパードの犬」とか「チワワの犬」と
言ってるのと同じだよね。


ユイン、たしかに、




「オルトロスの犬」って日本語は、

絶対に、おかしい!






スポンサーサイト
この記事のURL | なるほど日本語再発見講座 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。