スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
こんなの出てきました
2009/11/10(Tue)
昨日ご紹介した
樫(かし)の木の葉っぱになっている果実のような
この不思議な物体


インクの材料になるものを含んでいるのだそうです。
そのことを確かめるには、
錆びているものの表面をぬらして
こすりつけてみるのだとのこと。


ですが、
果実のような表皮があるもので、
やっぱり、これは割ってこすりつけてみないと
と思ったのでした。


が……。


中には、
ムシが入っていることがわかっていて、


もしかしたら、それは、
くねくねとのたくっている小さなイモムシで、
しかも、ぎっしり入っているのかも~。


なんて想像すると、
自分の手で触れるのは
はばかられたもので、


「ユイ~ン!」


ガレージの中で、
錆びた工具箱を見つけたわたしは、
ユインを呼びつけたのでした。


そうして薄暗いガレージの地面に、
ユインと2人しゃがみ込み、
樫の葉っぱになっているかのような
不思議な物体オークガルをのぞき込むと、


「さあ、開けてみようか~っ!」


と声をかけたのでしたが、


「ええっ。ぼくが~?」


などと言って、
ユインが身を引くもので、


「だって、カーサンこんなの触れないでしょ」


と言うと、


「ぼくだって触れないよ~」


そこで仕方なく棒でつついてみたところ、
中は、見かけによらず、
しっかりと固いもよう。


「よ~し。こうしたらいいんだよ」


と、言うなり立ちあがったユイン、
靴の底で、不思議な物体を踏みつけたら、
パックリと割れました。


外見は、
果汁たっぷりの果実のように見えたのですが、
実際の中身は、かなり乾燥していて、
干からびた果物か、干し柿のような感じ。


オレンジ色の果肉がのぞいていて、
まん中に、小さなくぼみがあり、
そのくぼみからは、


くねくね体をくねらせる
イモムシの集団ではなく、


こんなのが、
のそのそとはい出してきました……。


P1110857a.jpg


そして、もぬけの殻になった
不思議な物体を錆びた工具箱に
こすりつけているあいだに、


その姿は、暗いガレージの物陰に……。


工具箱の錆びの色に変化はなく、
不思議な物体からはい出してきた羽虫の姿も、
それから2度と目にすることはありませんでした。




めでたしめでたし~。




なのかなあ~。





スポンサーサイト
この記事のURL | みやこのスナップショット | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。