スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
失敗メレンゲ成功メレンゲ
2009/12/13(Sun)
スポンジケーキに、シフォンケーキ、
焼くタイプのチーズケーキ、
ベーキングパウダーを使わず、
メレンゲでふくらますタイプのバターケーキも、


ケーキの焼きあがりを
ふんわりしっとりにしてくれる決め手は、
メレンゲのでき。


そこで、わたしは、いつも、




これでもかーっ!




ってほど、
とことん白身を泡立てて
しっかりと腰のある
メレンゲを作ることにしています。


電動ミキサーで、
ガーーーっと立てさえすれば、
いいメレンゲを作るのはごく簡単なことなのです。


が、


ときとして、
ちょっとした不注意で、
できのよくないメレンゲになってしまうことがあります。


という今日も、
できのよくないメレンゲができてしまって
ゲンナリ……。


メレンゲって、
たった1滴の水か、油が入ってしまうと、
電動ミキサーがどんなにがんばってくれても、
泡立ってくれないんですね。


その昔、1滴の水が飛び込んだのを体験して以来、
メレンゲを作るボールのあつかいには、
細心の注意を払うようにしているのですが、


今日の油断は、卵の黄身……。


卵のカラを割った拍子に、
カラが黄身を包んでいる膜を傷つけてしまったようで、
白身のボールの中に、
とろ~っとしたたってしまいました。


マズイ。これは、マズイのではないか。
なぜって、黄身には、脂肪分がふくまれているはず。
しかるに、メレンゲには、1滴の油も厳禁。


それでも、
3個の卵をムダにしてしまうのがもったいなくて、
可能なかぎり黄身を白身のボールからすくい取り、
電動ミキサーを、オンに……。


ところが、やっぱり、ダメでした。


その昔、水1滴が飛び込んで失敗したときには、
白身はバシャパシャしたままで、
まったく立ってくれようとはせず、


そのときと比べると、
白くとろりとはしたものの、
いつものような腰はまったくない、
文字通り腰ぬけメレンゲになってしまいました。


そこで、涙をのんで、
もう3つ卵をはりこむことにしました。
今度は、厳重に注意しながら、
カラを割り、


いつものように泡立てたところ……。


P1120121b.jpg


ねっ。向こうが、
ほんの少しだけすくい取れなかった黄身が残ってしまった
白身を泡立てた失敗メレンゲ。


そして、手前が、成功メレンゲ。
卵3個をムダにすることになっても、
やっぱり、それだけの価値がありますでしょ。


というわけで、
白身を泡立てるときには、
1滴の水と、1滴の油にくわえて、


次回からは、
1滴の卵黄にも細心の注意を払わなければならない
という教訓を学んだ
今日のわたしなのでありました。






ここからは、おまけですが、
成功メレンゲを使って焼いたのは、
こちら……。


P1120125a.jpg


スフレ・オー・ショコラという
蒸し焼きチョコレートケーキです。
コピーライトがあるのでここでは、
レシピはご紹介できませんが、


作ってみようと思われる場合は、
「1年中のお菓子づくり」(加藤千恵著 雄鶏社)に
載っていますのでごらんください。


実は、今日は、ユインの16歳の誕生日なのです。
ここのところ毎年、チョコレートスポンジを、
チョコレート生クリームでデコレーションしたケーキが
定番になっていたのですが、


今年は、
ちょっと目先をかえてみたというわけなのでした。
さあて、お味の方はどうかな~。





スポンサーサイト
この記事のURL | わが家流おもしろレシピ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。