スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
こんなところが違うイギリスのバレンタインデー
2010/02/10(Wed)
今年も、
バレンタインデー(St. Valentine's Day)が
近づいてきました。


バレンタインデーは、古代ローマ時代、
結婚を禁じられていた若い恋人たちを
結婚させたがために処刑された聖バレンタインの殉教の日。


その日にちなんで愛を告白する日とされているのは、
日本もイギリスも同じですが、
イギリスのバレンタインデーには、
日本のバレンタインデーとはずいぶんと異なる点があります。


今週の「毎日jp」の「海外生活奮闘記」では、
イギリスのバレンタインデーについてご紹介しています。


イギリスのバレンタインデーと日本のバレンタインデーの違いのほか、
女性が男性にプロポーズすることのできる日についてもご紹介しています。
こちらをクリックして読んでみてくださいね。


ところで、女性のみなさんは、
もうバレンタインのチョコレート準備されたでしょうか。


わたしはイアンにチョコレートを贈ることはないのですが、
毎年、バレンタインカードをどう調達するかに頭を悩ませます。


今年は、手作りも面倒なので、
手軽な出来合いのカードを買ってしまいました。
言わば、義理バレンタインカードというところ。


でも、カードに書き込むメッセージくらいは、
これから心を込めて考えなくちゃあと思っています。


ではでは、みなさんも、
素敵なバレンタインデーをお迎えくださいませ~。





スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。