スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ユインが大学の数学のコースへ
2010/02/28(Sun)
ユインがニューキャッスル大学の
数学のコースに出席することになった。


P1130304a.jpg



あなたのお子さんはニューキャッスル大学の
マスタークラスプログラムに招待されました。


なんて内容の大学からの手紙を受け取ったときには、


「ユイ~ン、これって、もしかして、
ユインの数学の成績がいいから招待されたの~っ?」



と、喜んだところが、


「ううん。ぼくが数学に出ようと思って選んだんだよ」


とんだぬか喜び……。


P1130305a.jpg


ユインが言うには、学校のユインのいるクラスの中で、
大学のマスタークラスプログラムに出たい子は、
自分の好みの教科のマスタークラスプログラムに
申し込みができたのだとのこと。


P1130308a.jpg


なあ~んだ。とは思ったものの、
せっかくの機会なので、
出席させることにして、


よくよく大学からの手紙を読んでみると、
子供がマスタークラスプログラムに出席しているあいだ、
保護者には大学への説明会があると書いてある。


じゃあ、というわけで、
イアンとわたしは、大学の説明会へ。


P1130298a.jpg


イギリスの大学には入試はないので、
大学に入る以前に受けるAレベルと呼ばれる
資格試験の成績によって受け入れてくれる大学が決まる
ということはわかっていたけれど、


学業成績ばかりではなく、
学外のボランティア活動、アルバイトを含む社会体験、
今回のような大学のコースへの参加なども
加味されることがわかった。


イギリスのスチューデントローンは、
日本の育英会の奨学金とはちがって、
学費、生活費の全額をカバーし、


ある一定の年収に達するまでは、
返還は猶予にはなるけれど、
返し終えるまで利息がつき続けるって
けっこうきついなあと思った。


ユインは、日本だとまだ高校1年生で、
こちらの学校でも、大学入学までは、
あと2年半あるのだけれど、


来年の今ごろには、
そろそろ希望する大学のコースを考えはじめる
時期なのらしい。


いつの間に、
こんなことになってしまったのかなあ~。


数学のマスタークラスプログラムを終えた
ユインを拾って、車で自宅へ帰る道々、
そんな感慨にふけるわたし……。


「ねえ。ユイン、今日の数学おもしろかった?」


「うん。おもしろかったよ」


と、屈託なく答えるいつものユイン。


「そう。それはよかったね」


と、わたしもいつものように答えた。










夢実現へ
1日1クリックのご支援おねがいします。
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ



スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。