スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゴマ入りかりんとう
2010/10/11(Mon)
前回、
オーブンベイクかりんとうを作ったとき、
ふと思いついたのでした。


生地にゴマを入れたら、
こうばしくて美味しいのじゃあないかなあ~
って。


というわけで、
今回は、オーブンベイクの
ゴマ入りかりんとうを作ってみました。


レシピは、前回の
オーブンベイクかりんとうとほぼ同じですが、
生地に50gのいりゴマを加え、


濃い黒砂糖Muscovadoだと、
ゴマの風味とケンカするのじゃあないかと思い、


三温糖より少し濃いめだけれど、
黒砂糖ほど濃くないお砂糖、
Light Muscovadoを使ってみました。


でも、わざわざ購入しなくても、
黒砂糖と白い砂糖をまぜてもよかったかも。


また、今回は、
砂糖衣の色や味だけではなく、
砂糖の量も減らして砂糖衣を薄くし、
甘みもひかえめにしてみることにしました。


生地にも砂糖も塩も入れませんでした。
ってわけで、以下が材料と手順です。


〔生地の材料〕
強力粉 50g
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1
いりゴマ 50g
水 半カップ強


〔衣の材料〕
黒砂糖 120g
水 大さじ1.5


1.生地の粉類を合わせてふるい、ゴマと水を加えて生地をまとめる。


P1150689a.jpg


2.ラップで生地を包み、30分ほど寝かせる。


ここから、あとは、
しばらくユインのお仕事。


「ユイン。お願いねえ~」


3.打ち粉をした台に生地をを載せ、めん棒で5ミリの厚みにのし、
幅5ミリ、長さ5センチくらいの短冊に切る。


P1150697a.jpg


「ねえ。ユイン。
今回の生地、ちょっと太っちょすぎない?」



「そうかなあ~」


「そうだよ。
でも、だいじょうぶ。
こうすりゃいいの」



短冊生地を1本とって
両手のあいだにはさみ、
手のひらの中でころころ転がすと、


「ほ~らねっ!」


細長スティック生地のできあがり。


「でも、それって、時間かかるじゃん」


「そんなにかかんないよ。
まあ、やってごらんよ」



粘土細工みたいでおもしろい。
そのあと、


4.150℃のオーブンで30分ほど、ほんのりきつね色になるまで焼く。

5.砂糖と水をナベに入れ、もこもこ細かな泡が立つまで煮溶かす。

6.ナベの中に焼きあがった4を入れ、砂糖衣を手早くからめる。

8.パットやベイキングトレーなどに広げて冷まして、


P1150707a.jpg


はい。できあがり~っ!


ねらい目どおり、
薄い砂糖衣からはゴマの粒々が透けて見え、
黒砂糖のくせのある味もおさえられ、


かりんっ!と噛むと、
お口の中に
ゴマのこうばしい風味が広がります。


かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ……。


「今回は、甘さひかえて
カロリー押さえたつもりなんだけどねえ。かあさん」



かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ……。


「そうだねえ。
たしかに、今日のの方が
カロリー低いと思うよ。みやこちゃん」



かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ……。


「でも、もうそろそろ味見やめないとね」


かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ……。


「うん。ぼくもそう思うよ」


かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、


かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、


かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ、
かりんっ、かりんっ……。










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
この記事のURL | わが家流おもしろレシピ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。