スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バジルの鉢植えとランチにスコーン
2011/05/22(Sun)
日本のシソが芽を出したのに気をよくして、
西洋シソ、バジルも育ててみたくなったのでした。
そして、さあ、このとおり~っ!

バジル

な~んて。
実は、これ、昨夜、週末の食料の買い出しに行った
スーパーで仕入れてきたもの。


バジルのタネを買うつもりだったのですが、
野菜のハーブのコーナーに、
土つきのバジルが売られているのを目にしたとき、
はたと思い出したのです。


バジルって、挿し木ならぬ挿し芽でも
育てることができるということを。
そっか。じゃあ、これを買って、
そのカッティングを水栽培で根をはやさせれば
いいではないかと……。


ところが、よくよく考えてみると、
わざわざ根をはやさせなくても、
すでに根がついているものを買ったわけで、


なあんだ。
じゃあ、小さいのを苗として利用してしまおう~。
ってわけで……。

バジル2

はてさて、うまく育ってくれるかどうかはわかりませんが、
日本のシソにならんで、バジルも、
わが家のキッチンの窓辺に仲間入りすることになりました。


イアンはイアンでスーパーでパセリのタネを買って、
庭のプランターに撒きました。
今年の夏のわが家の食卓には、
ハーブの香り豊かなメニューがならぶことになるかも、


うふふっ……。


などと頬をゆるめながら、
休日のランチに焼いてみたのは、
見かけはまったく同じこんなスコーン。

スコーン

焼きたてを味見してみると、
外は、サクサク、
中は、ほんわりやわらか~。


「で、どう? こっちとこっち、どっちが美味しい?」


こっちが、強力粉入りで、
もう一方のこっちは、薄力粉のみ。
あとの材料は、みな同じ。


「どっちも美味しいよ~」


口をそろえてイアンもユインも、
そう言ってくれるのは嬉しいけれど、


「でも、どっちがどうよ~?」


実は、自分でもよくわからない。
どちらを定番レシピにするか。


「こっちがちょっとやわらかいなかあ~」


と、薄力粉のみのを頬ばりながらイアン。
うん。わたしもそう思う。
薄力粉100%セントのの方がほんの少しだけ
強力粉入りのものよりやわらかい。


でも、強力粉入りのわずかに腰のある方も、
それはそれで悪くはないのだ。


「そうだねえ。ほんのちょっと、こっちがやわらないかなあ。
でも、やっぱり、どっちも同じくらい美味しいよ」



と、ユイン。
って、わけで、結局、どちらにも軍配はあがらないままに。
わかったことは、だから両方のレシピが存在するんだってこと。
だから、やっぱり、作ってみた甲斐があったってことなんだよね。

 




夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。