スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
手こねのディープパン・ピザ
2011/06/06(Mon)
あれから1週間、
そろそろかなと思って鉢に植えかえたシソがぐんぐん育って、
こんなに大きくなってます。

シソの鉢

バジルの方も、もうそろそろ収穫できるほどに……。

バジルの鉢

でも、こうして日に日に成長していく姿をながめているのが楽しくて、
なんだか食べてしまうのがもったいないような……。


さて、そんなキッチンに立って、
今週末も、イアンが夕食の準備にとりかかりました。

ピザ生地作り

こねているのは、強力粉に、
イーストと食塩、オリーブオイルをまぜ込んだパン生地。


イギリスではディープパンと呼ばれるパン生地のぶ厚いピザ台のピザが一般的。
ピザ台からのホームメイドには、手間と力と時間もかかりますが、
イアンのピザは、いつもピザ台から手作りするディープパンピザ。


生地がこねあがると、充分に発酵させて、
べーキングトレー2枚いっぱいに敷きつめます。

ピザ準備

トマトソース、モッツァレラチーズ、
ペッパローニ、パイナップルをトッピング。


ここまで来れば、あとはオーブンで焼くだけ~。


こうして、焼きあがったものを、
大急ぎで食卓に運んで、
あつあつの出来たてをいただきま~す!

卓上ピザ

焼きたてディープパンピザのピザ台は焼きたてパンそのもの。
口へ運ぶ指の跡がついてしまうくらいほわほわです。


だから、イアンのピザは、ぶ厚い割には軽~い感じ。
そのせいなのでしょうか。


この座布団のような巨大ピザ2枚が、
たった3人が囲むわが家の食卓にのぼったが最後、
あれよあれよというまにきれ~に姿を消してしまうのです。


そして、今日のお菓子は、
2日前に焼いて眠らせておいたフィナンンシェ

P1000501ab.jpg

焼きたてからどのように変化しているか興味深々。
マドレーヌのように固くなっているかもと思いつつ、ぱくりっ。
そしたら、なんと予想外に、しっとりやわらか~。
(というのは、上の画像からもご覧いただけるかと)


けれども、焼きたてのときのような
皮がカリッ、中はもっちりっの食感はなくなっていました。
まるで、別のお菓子みたい。


両方ともそれぞれの味わいがあって美味しいです。
ですが、どちらかに軍配をあげるとすれば、
焼きたてのカリッ、もちっかなあ~。


焼きたてをいっしょに試食したユインに意見を求めると、


「絶対、焼きたて~!」


その声にあんまり力がこもっていたので、
よし、またフィナンシャを焼こう~。
と、心に誓ったわたしなのでした。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。