スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クランベリー入りのフルーツケーキ
2011/06/07(Tue)
色合いのきれいなフルーツケーキを焼きたいなと思っていたときに、
スーパーのドライフルーツの棚にクランベリーを見つけました。
その隣には、サワーチェリーもあったのですが、ダークレッド。
色の鮮やかさなら、やっぱり、クランベリーよね~。


と、ひとりごちつつ、今回は、クランベリーを購入し、
うちに帰るや、早速、ブランデーとラム酒に漬け込みました。
そして、5日後……。

P1000482ab.jpg

固くてしわしわだったドライクランベリーがぷっくりとふくれ、
ブランデーとラム酒までクランベリー色に……。
そろそろ、ケーキに焼きこんでもいいころかと。


前回のフルーツケーキ、フルーツどっさりの割りに生地はやわらかめだったので、
今回は、もう少し粉の分量の多いしまった生地にしたいと思い、
こちらのレシピの配合を参考にさせていただきました。


(ちなみに、手順はいつもと同じ。
ベーキングパウダーを使わないメレンゲ別立て法。
手間はかかりますが、その方が生地のきめの細かく
しっとり、ふんわりに焼きあがってくれるのです)


で、参考にさせていただいたレシピの分量が
ふだん焼くより5割り増しくらいの分量だったもので、
焼き時間を少し長めにしたせいかと思われるのですが、

P1000505ab.jpg

焼きあがりが焦んがりダークブラウンになってしまいました。
最後に、しばらくアルミホイルをかぶせるべきでした。


中に焼きこんであるのは、
クランベリー、ラム酒漬けのサルタナレーズンとドライいちじく。
ローストしたクルミ。


クランベリーを漬け込んで赤くそまったブランデーとラム酒は、
一部を生地に焼きこみ、残りは、焼きあがってからケーキにしませました。
はてさて生地にもほんのり赤みがさしているのかどうかは、
熟成させるためにこのまま寝かせてしまったので定かではありません。


その生地の色の具合を
お味といっしょにたしかめようと思っている
週末がやってくるのが楽しみです……。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。