スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やぶからぼうのスポーツ授賞式
2007/07/08(Sun)
「晴天のへきれき(=雷鳴)」と申しますが、
雨天のへきれきで、どしゃ降りの雨の中、
文字通りふってわいたユインのスポーツ授賞式に
一家3人で出席してきました。


今日は、その子供たちのスポーツ奨励のためにもうけられた
スポーツ授賞式のもようをお伝えしようと思います。
授賞式の場所は、近くのスポーツセンターだったのですが、
大雨のため、その建物の外観の撮影は断念しました。


会場は、スポーツセンター内のダンスホール。



そして、こちらが、このスポーツセンター
「Benfield Centre for Sporting Excellence」の
総支配人のMalcolm Munro氏。
まだ、若そうなのに総支配人なんてすごいな~。
「マルコム」ってスコットランドの名まえだけど、
「ムンロ」って、国籍不明の名まえだな~。


(あとで、イアンに聞いたところによると、「Munro」は、「ムンロー」と発音し、
「マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)」の「モンロー」と同じ起源の
スコットランド名なのだそうです)

なんか、のん気にかまえているわたしのとなりの席で、
いささか緊張ぎみのおももちのユイン、
そのわき腹をチョンチョン……。


「あがってる?」


「まあね」


「そういうときは」


と言って、人人人と手のひらに書き、口へもってきて、ベロ~リッ。


それを見て、
ひょえ~っ。いったい何やってんだ~って顔して身をひくユイン。


そっか。
そりゃあ、「人をなめる」って、日本語、ユインは知らなかったよね。
でも、それを説明している時間はなかったのでありました。


というのは、
スポーツセンターの総支配人ムンロー氏のあいさつが終わり、
受賞者の名まえが読みあげはじめられたから。


最初は、このスポーツセンターでバドミントンをしている男の子。
席をたって、正面へむかい、
「Rok」というスポンサーの会社の人と握手をして、
銀のお皿を受けとったのでした。


そして、記念撮影を終えると、
もとの座席へ引きあげていきました。


チョンチョン……。


「ユイ~ン、よかったね~。スピーチないよ~」


「うんうん」


ユインが、ほっとした笑みをうかべ、うれしそうにうなずきました。
実は、ユイン、イアンに、
「授賞式では、絶対、スピーチあるからな。考えて、練習しておけよ」
と言いわたされていたのでありました。


名まえが呼ばれるのは、アルファベッド順で、
ユインは12人の受賞者の中のまん中あたりに名まえを呼ばれて、
ムンロー氏から授賞のコメントをいただきました。


熱心に柔術のけいこに通い、
果敢(かかん)におとなの昇段試験に挑戦し、
ジュニアとしては、史上はじめて合格をはたしたのが、
今回のスポーツ賞にあたいするのだそうであります。


そして、ユインも銀製のお皿いただだきました……。





パチパチパチパチ……。
どうして、やぶからぼうにユインがスポーツの賞を
もらうことになったのか。
どうにもげせないわたしだったのですが、
そうか。こういう見方もあったのねと認識をあらたにしたのでした。


実は、ユイン。
4年前からジュニアの柔術のクラスに通っていたのだけれど、
先生に赤ちゃんが生まれて忙しくなり、ジュニアのクラスは閉鎖に……。


そのとき、すでに12歳だったユインと、同じ年齢の子どもたちは、
おとなのクラスに編入することになったのだけれど、
なぜかそのうち、ユインと同じ年齢の子たちは来なくなり、
ユインは、ひとりでおとなのクラスに通うことに……。


その後、ひとりだけ新しい12歳がくわわったのだけれど、
まだ日が浅いわけで、結局、柔術をやっている子どもって、
ユインのほかにいない状況だったわけなのですね。


それに昇段試験も、ジュニアのクラスが閉鎖になった時点で、
ジュニアの昇段試験はなくなってしまったので、
ユインも、昇段試験はおとなのを受けざるをなくなったわけで。


だから、自分ががんばって何かをなしとげたというより、
なりゆき上、そのような状況になっちゃってたわけなのだけれど、
まあ、ジュニアひとり、おとなにまじってつづけているっていう点は
評価してやれるかもしれないですね。


ということで、いただけるものは、
素直に喜んでいただいておけばいいのよねと、
銀のお皿を授与されるユインの照れくさげな顔をながめなら
思ったわたしなのでありました。


受賞した子どもたちの励んでいるスポーツは、
バドミントンと柔術のほかに、バスケ、水泳、体操、ダンス、卓球や、
けっこう武道が多くて、柔道、空手、テコンドー
(こちらでは、「タイコンドー」と呼ばれています)など。



そして、最後に、全員の中から、最優秀受賞が発表されたのでした。
このスポーツセンター、バドミントンと体操に力を入れているので、
てっきり、そのどちらかだと思っていたら、最優秀賞は空手でした。




いやあ、日本の武道、

海外でも、がんばってるんですね。







あっ、そうそう。
このあいだ、このスポーツセンターの掲示板に、
武道のレッスンのはり紙がしてあったのを発見。
その武術の名まえが、「Ninjutsu」となっていたんですけど、
もしかして、「忍術?」と思ったわたし……。


もしかして、「木の葉隠れ(このはがくれ)の術」とか、
「水上歩行の術」なんてのを習うんでしょうかね~。





スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。