スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ベイクトポテトとイアンの十八番
2011/06/26(Sun)
週末の朝、出かけたスーパーで、
いつのまにかイアンの持つ買い物カゴに、
こんなものたちが……。

P1010008z.jpg

「ええっ!もしかして……?」


「うん。また作ろうと思ってさ」


というのは、イアンの十八番のアップルパイ。
実は、イアンの作る唯一のデザート。
なもので、すでにご紹介したことがあるのですが、
今日は、その製作過程など……。


と言っても、いたってシンプル。
先の画像の、水を加えるだけできるタルト生地をパイ皿にしき、
塩水で色止めをした料理用りんごのざく切りを詰め込みます。


このブラムリーという品種の料理用りんご、
熱を加えると、すぐにとろとろに煮崩れるのです。
パイに入れる前に煮ておく必要がないのでお手軽。


りんごには、たっぷりシナモンをふって、お砂糖は少し。
残りの生地でふたをして、へりを巻き込み、
玉子をぬってざら目のブラウンシュガーをぱらぱら。

P1010105z.jpg

フィリングの酸っぱいりんごにはお砂糖はほんの少し。
サクサク生地の表面にたっぷりとばらまかれた
ブラウンシュガーのザクザクとした歯ごたえと甘みが、
イアンのアップルパイのお味のアクセント。


あとは、180℃に予熱したオーブンで45分ほど。
ほどよくフィリングのりんごに火が通り、表面が美味しそうに色づくまで……。

P1010132z.jpg

アップルパイをオーブンに突っ込んだあと、
イアンがとりかかったのは、夕食のベイクトポテトの準備。
わたしの握りこぶしの2倍はある大きさのベイクトポテトに
キッチンペーパーを着せて電子レンジへ。


やわらかくなったところで取り出して、グリル。
こんがり焦げ色ついたところで、中央に十文字の切れ目を入れ、
チーズを入れる場合は、もう一度グリルして、

P1010129z.jpg

テーブルへ……。


あとは、お好みのフィリングをそえて、いただきま~す!

P1010147z.jpg
ユインは、チーズとトマト味の煮豆ベイクトビーンズ。

P1010144z.jpg
わたしは、コールスロー。

P1010141z.jpg
イアンは、ベイクトビーンズとコーススローの豪華版ウォルドーフサラダ。
ウォルドーフサラダには、キャベツの他に、セロリ、りんご、
レーズン、くるみなどが入っています。


そして、食後のデザートのアップルパイ。
アップルパイにかけるカスタードは、
こんな紙パックに入ったレディーメイドなんですけどね。

P1010117z.jpg

どっしり重たい1キロ入りです。
アップルパイにこのカスタードをそえたものを、
一家3人、ふた晩のデザートで消費します。


う~ん。この一皿で何カロリー?

P1010156z.jpg

と思うと、いつもちょっと空恐ろしいんですけれど、
かつて一度も食べ残したことってないのです。


今日も、一家そろって見事に完食!
ごちそうさまでした~。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。