スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白い山々ベナイ山地を歩く
2011/08/25(Thu)
今回は、この夏、
一家で訪れたスコットランドホリデーの第2回めです。
(初回は、こちら)


スコットランドの山岳地帯ハイランド地方の北西部
ウェスターロス(Wester Ross)地方の
トリドン(Torridon)と呼ばれる地域には、


ベナイ山地(Beinn Eighe)の峰々が
辺りを睥睨するかのようにそびえたっています。

P1020107z.jpg

ベナイ山地の山々が白っぽい色をしているのは、
石英の粒からなる珪(けい)岩が地層の表層を形成しているため。


氷河で削られた切りたつ壁面と灰白色の山肌が
ベナイ山地独特の景観を造りだしています。

P1020130z.jpg

ことに、木々に覆われておらず
足もとから山肌を仰ぎ見ることのできる
南側からの峰々の眺めは壮観。

P1020248z.jpg

そして、この切りたった壁面からも登山は可能なのですが、
本格的な登山の心得のないわたしたち一家は、
登山道の整えられている北東側から登ることにしました。


こちらが、登山口。

P1020237z.jpg

この登山口は、森の小道のコース(Woodland Trail)と
山歩きのコース(Mountain Trail)のサークルルートの
起点と終点になっています。


山歩きのコースは、6.5km。550mを登るコース。
なもので、まあ、大したことはないなと踏んでいたところが、

P1020182z.jpg

森をぬけて登りはじめると、
けっこう、急な岩場をのぼっていくことに……。


息があがってしまったので、一服。
スコットランドでは珍しい好天に恵まれて、
足もとのマリー湖(Loch Maree)の湖水は、紺碧。


空の青を映しているはずなのに、
空の青より深く神秘的な青。

P1020184z.jpg

魅入られてしまいそうな不安を覚えるほど……。


頂上まで、もうあと少し。空には、白い月。

P1020185z.jpg

登頂。

P1020201z.jpg

頂上から望むベナイ山地360度の眺望。

P1020204z.jpg


P1020206z.jpg

P1020207z.jpg

P1020208z.jpg

ランチのあとは、
わたしたち以外誰もいない景色のまん中にごろり。


心地よい風が頬をなで、
ぽかぽかと暖かい陽ざしを受けて横になっていると、
思わずうとろうとろ。

P1020197z.jpg

そこへかすかなささやき声が聞こえてきました。
登山者を見かけたのは、てっぺんへ登り詰めるちょっと手前で
下山してきた男性1人とすれ違っただけだったのですが、


うたた寝から目覚めると、
ふた組のカップルの姿が……。


そこで、
わたしたち一家は、そろそろ下山することに。

P1020216z.jpg

下山途中に姿を現した2つめの湖水は、
月の湖「ルナロッホ(Lunar Loch)」という名前を持つ小さくて浅い湖。

P1020217z.jpg

このあたりの風景が別世界のようなので、
1969年7月21日のアポロ月着陸にちなんで名づけられたのだとか。


再び、眼下に、マリー湖の神秘的な湖水が姿を現しました。
足もとの森の中で、山歩きのコースは森の小道のコースに合流し、
マリー湖湖畔の登山口へと下っていきます。

P1020232z.jpg

スコットランドの山歩きで、
今回のようなお天気に恵まれたのははじめて。


さんさんと降りそそぐお日さまの光と、
その光を反射して輝く白い岩肌に焼かれ、頬を火照らせ、
心地よい疲労感に包まれて下山。


この夏のベナイ登山は、スコットランドを歩いて
こんがりと日に焼けた印象に残る登山となりました。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | スコットランドを歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。