スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
誰もいない海辺のひたすらのどかなウォーク
2011/08/30(Tue)
スコットランドの山岳地帯
ハイランド地方(Highlands)は世界的な観光地です。


ネッシーでおなじみのネス湖、
イギリス最高峰ベンネビスのお膝元フォートウィリアム、
ハイランド地方の景勝の地グレンコーやスカイ島、


「ハリー・ポッター」をはじめとする映画のロケ地や史跡、
各地にあるスコッチウィスキーの蒸留所は多くの観光客でにぎわっています。

P1020239z.jpg

そんなハイランド地方の北西部に位置する
ウェスターロス(Wester Ross)地方には、
ハイランド特有の切りたった山々や

P1020255z.jpg

「ロッホ(loch)」と呼ばれる
大地の亀裂のような湖の景観は遜色ないものの、
世界に名を馳せるほどの観光地がありません。

P1020241z.jpg

さらに、ハイランド地方の奥座敷とも言える
遠隔地に位置するために観光客の数はぐっと少なめ。

P1020257z.jpg

なもので、見わたす限りの風景を独り占めして歩くのが大好きな
わたしたち一家にとっては格好のウォーキングコースがよりどりみどり。

P1020243z.jpg

ウェスターロスの山や湖の景色もいいのですが、
お天気のいい日に、スラガン(Slaggan)という村の廃墟のある
海辺へ歩きに出かけました。


内陸の田舎道のわきにある駐車場から6キロほどの道のりを歩くと、
ひっそりとたたずむスラガンの廃墟が姿をあらわしました。

P1020291z.jpg

廃墟をすぎると、小さな入り江が
白砂のビーチを抱き込むように横たわっていました……。

P1020286z.jpg

歩いてきた道にも、廃墟にも、ビーチにも、
まったく人影はありません。

P1020292z.jpg

ビーチを見おろす丘の上で、
浜風をうけてかすかに揺れているのは、
スコットランドの国花アザミの花。

P1020295z.jpg

小高い海沿いの道とも言えないほどの小道をたどって、
さらに先へ足を進めると岩場に出ました。

P1020304z.jpg

ここで、お昼にしようと決め、
青い海と空を肴におにぎりで腹ごしらえ。
そして、腹ごしらえのあとは、わが家お決まりの午睡。

P1020309z.jpg

洋上、遥か彼方にうっすらと見えている島影は、ルイス&ハリス島。
左手には、スカイ島も横たわっているはず。
ルイス&ハリス島やスカイ島を訪れたときの思いで話をしているうちに、
ひたすらのどかな陽光に誘われていつしかまどろみの中へ……。


ごつごつとした岩の感触が背中や腰にもどってきて、
うたた寝から目覚めても、何だかまだ夢から覚めきらない気分ながら、
そろそろ帰ることにするかと来た道をひき返しはじめました。


再び、無人のビーチやスラガンの村の廃墟をすぎ、
吹きわたる風の音以外何も聞こえてこない田舎道を歩いていると、
遠いエンジン音が……。


そのうち、ゆるやかにカーブした道の向こうから、
大きな荷台をつないだトラクターが1台、
ゴトゴトと土道のわだちを踏みながらやってきました。


荷台では、ふた家族と思われる人数の家族連れが、
トラクターの揺れに体をあずけています。


いやいや、これは、宿泊客を秘密のビーチに案内する
農家のB&B(民宿)のトラクターなのでは?
などと思っていると、トラクターの運転席から、
「帰りには乗っけてくよ」との声。


「ありがとう」と答えて手をふり、
サマードレスやTシャツ姿の家族連れを見送ったわたしたち一家。
けれども、わたしたちが駐車場にたどり着くまでに、
再び、トラクターの姿を見かけることはありませんでした。


そのトラクターに乗っていた人々、
海辺の牧草地で草を食む羊の親子や海鳥以外に
動くものを見かけたと言えば、トンボ。


イギリスではそれまで日本のオニヤンマほどもある
トンボを見かけることはなかったのですが、
オニヤンマほどの大きさのトンボがふいに目の前をかすめていくのです。

P1020331z.jpg

人家が見えてくると、そろそろウォーキングの終点へ。

P1020333z.jpg

平坦な道を歩くのはいささか退屈な場合が多いのですが、
今回ばかりは、「海のウォーキングもよかったよね」と言い合いながら、
わたしたち一家の帰りを待っていた車に乗り込んだのでした。

P1020337z.jpg

この海辺のウォーク以外にも、ほとんど毎日、
のどかな風景の中を歩き回りました。

P1020394z.jpg

なのに、歩きたい場所がつきないうちに、
1週間の滞在期間の最終日がやって来てしまいました。

P1020395z.jpg

一度訪れたら納得という観光地はいくつもありますが、
ウェスターロスは、何度訪れてもまた訪れたいと思わせる場所です。
今度訪れるときも、今回のようなお天気だといいのになあ~。
と思いながら、また訪れることのできる日を今から楽しみにしています。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | スコットランドを歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。