スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
湖水地方「1657チョコレートハウス」のチョコレートドリンク
2011/11/08(Tue)
ビアトリクス・ポターの所有したユートゥリー農場のティールームでのお茶はお預けになってしまったものの(そのエピソードについては、こちら)、今度、湖水地方南部の町ケンダル(Kendal)に出かけたら是非にと思っていた「1657チョコレートハウス(1657 Chocolate House)」のチョコレートドリンクは試してみることができました。

P1020690z.jpg

1630年代に建てられたこのチョコレートハウス、1階部分がチョコレートショップ、2階がかわいいレストランになっています(「1657チョコレートハウス」については、以前にご紹介している こちらのページをご覧ください) 。


レストランの呼び物は、18種類に及ぶチョコレートドリンク。ご覧になりにくいですが、こちら、メニューです。

P1020692z.jpg

このメニューの中から、わたしが選んだのは、

P1020687z.jpg

「The Dungeon」: Traditional bitter chocolate finished with cream & dark chocolate
(「地下の牢獄」:伝統的ビターチョコレートドリンク、クリームとダークチョコ添え)


注文時に、「ちょっと苦めなんですけど大丈夫でしょうか?」などと念をおされたとおり、ダークチョコレートのお味がとっても濃厚。しかも、細身のマグカップなのですが、てっぺんまでなみなみと注がれているので、全部お腹におさめると、大きなチョコレートケーキを食べたような満腹感に満たされました。ダークチョコレート好きのわたしには、大正解のチョイス。

同伴のイアンが選んだのは、

P1020688z.jpg

「Slave Trader」: Chocolate finished with cream & banana
(「奴隷貿易の商人」:チョコレートドリンク、クリームとバナナ添え)


カリブ海諸国のバナナ農園を彷彿とさせる命名。わたしのはまさに牢獄の責め苦のようにビターなチョコレートドリンクでしたが、こちらは、甘く優しい香りのバナナフレイバー。チョコレートとバナナって、やっぱり、相性がいいですね。これまた、バノフィーパイ(って、バナナとトフィー味のデザートパイ)好きのイアンには、大正解のチョイス。


ちなみに、チョコレートドリンクのお値段はすべて2.50ポンド。現在のレートで、300円ほど。円が高騰しているので、お買い得な感じがしますが、まあ、そこそこのお値段ってとこですね。他にも、さまざまなフレーバーのチョコレートドリンクや各種のチョコレートケーキも。ケンダルでお茶をと思われる時には、お試しになってみてはいかがでしょうか。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | 湖水地方を歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。