スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「Somebody to Love」
2012/04/16(Mon)
昨日、クィーンのコンサートを見た。

P1040732z.jpg

Somebody to Love(愛する人)」を捜し求めたフレディー・マーキュリー。


スーパースターになって愛してくれる人にはこと欠かなかっただろうけど、
自分が愛することのできる人にはついにめぐり合えなかったのかもしれない。


少なくとも、
この歌を書いたときにはめぐり合えていなかったにちがいない。


自分を愛してくれる人を見つけるのはむずかしい。
けれども、自分が心から愛せる人を見つけるのもむずかしい。


その両方をかねそなえたひとりを見つけ出すには
人生はあまりに短すぎるのかもしれない。
たしかにフレディー・マーキュリーの一生は短かすぎた。


未知の未来にたくす夢しかもっていなかったわたしは、
いつかフレディー・マーキュリーのいる国に住むことになるなんて
夢にも思わないまま、


毎日毎日フレディー・マーキュリーの歌声を聴いてすごしていた。
そのわたしが新しい人生を出発させるためにこの国にやってきた年、
それまでこの国にいたフレディー・マーキュリーがこの世からいなくなった。


今のわたしはもう未来にたくす夢は持たないけれど、
過去のわたしには想像もつかなかった現在を持っている。
これは、その現在と過去が同居する1枚……。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!
人気ブログランキングへ


もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
この記事のURL | みやこのスナップショット | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。