スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パンパカパ~ン!の第2弾
2012/06/09(Sat)
あれから、わたしも、ひとの焼いたパン
うっとりとながめてばかりいたわけではなく、
ぼちぼちとパン焼いていました。


あんなかわいいパンはひとつもないんですが、
どんなパンを焼いていたかというと、
今では、わが家の定番になっている

P1040943Z.jpg

あんぱん。


なもので、目新しくはないんですが、
小豆あんと、

P1040327z.jpg

白あん、

P1040854Z.jpg

なかみを写真に撮ったことがなかったもんで、
撮ってみたわけなのでした。


そして、こちらは……。

P1040411z.jpg

クリームパン。


クリームのうえにラムレーズンが入っているもので、
オーブンへつっ込むまえに、まん中をはさみで、
ちょっきんちょっきんしてみました。


思うに、焼きたてのあんぱんは悪くないですが、
クリームパンはあつあつっていうのは、
どんなもんでしょうね~って感じ。


ところで、
これも写真撮り忘れてしまったんですが、
このクリームパンと同じ生地を平たくのして、


そのうえにこのクリームパンと同じ、
カスタードクリームとラムレーズンをのっけ、
ぐるぐる巻き寿司のようにまいて、


たて半分に細長くカットして、
カットした2本足をねじねじしながら生地をからみ合わせて、
ラムレーズンクリームローフを作りました。


先にも書いたとおり、
写真を撮り忘れてしまったので、
こちらの写真でごかんべん。

P1040447z.jpg

チョコレートとコーヒーのチョコモカローフ。


チョコレートとコーヒーシロップをくるくる巻きこんだ生地は
2本足はなく3本にカットして、3つ編みにしてあります。


ココアとシナモンシュガーも作ってみたのですが、
どれも、それぞれに美味しかったです。
それに、やっぱり、どれも焼きたてが一番。


それから、こちらは、ローフはローフでも、
玉子とマーガリン(へへっ。バター苦手なもので)が
たあ~っぷりと入った

P1040768z.jpg

ブリオッシュローフ。


ぬるのはバターだけではなくマーガリンも苦手なわたし、
生地の中に焼きこまれていればだいじょうぶ。
とてもリッチな生地なので、

P1040776z.jpg

スライスして、そのままが美味しいです。


って思うんだけどな~。
イアンとユインは、やっぱり、
たっぷりとマーガリンぬって食べてましたよ。


でもって、これは、
ハードブレッドの中では難易度低いらしいので、
作ってみた

P1030279z.jpg

シャンピニオン。


シャンピニオンって、
フランス語でキノコのことらしいのですが、
わたしのシャンピニオンは、
ちょっとキノコには見えないような~。


まあ、でも、味は悪くなかったです。
焼きたてのかさの部分のパリパリ感がよかったです。
ソーセージと野菜のごった煮
ソーセージキャセロールにそえて食べました。


そして、こよいの最後の一品はというと、

P1040479z.jpg

スイートブールのちぎりパン。


実は、わたし、メロンパンあまり好きではないのです。
メロンパンをメロンパンにしているビスケット生地と同じ材料、
小麦粉とバターと砂糖のゆるめのビスケット生地でつつまれた
スイートブールは好きなんです。


今は、スイートブールというらしいのですが、
わたしの子どものころは、帽子パンなどと呼ばれていました。


そのなつかしい帽子パンが食べたくなったわけなのですが、
大きいのが作りたくて、でも、簡単に分けることもできるように、
スイートブールのちぎりパンにしてみました。


はじめてなのに、思いがけないほどうまく焼けて、
味わってみたかったなつかしい味がしました。


いやあ。
パン作りって時間はたっぷりとかかるけれど、
それだけの価値のあるパンが焼けると、
また焼きたくなっちゃうもんですねえ~。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ










スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。