スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
痩せるよりむずかしいこと
2012/05/24(Thu)
昨日の記事に、
お勧めの痩身法など書いておいて
そのあとのことを書かないのは、
ちょっとアンフェアな気がして……。


だから、今日は、わたしにとって、
痩せるよりむずかしかったことを
書いておこうと思います。


それは、


減量したあとの体重を維持すること。


昨日、ご紹介したやり方によって
おもしろいように
自分の体重が減っていくことに
夢中になってしまったわたし。


それまではけなかったサイズの
スカートがはけたり、
わたしを見る人の目が変わったり。


ずっと肥満児だったわたしが
舞いあがってしまったのも、
まあ、無理からぬことかと。


けれども、昨日も記したように、
ある日、自分の裸体に
ろっ骨がうきでているのを目にしたとき、


これは、もうこれ以上、
減量をつづけるのはヤバイなと自覚し、
その日から減量をやめました。


それまでカロリー高そうだなと思って
食べないようにしていたものも
食べてみたり。


でも、減量をはじめても
すぐには効果があらわれなかったように、
食べはじめても
すぐに体重がふえることはないのです。


それに気をよくして食べていると、
ようやく体重がふえはじめ、


今度は、減量前の体重にもどってしまったら
どうしようと不安になってくるのですが、
どうしても食べるのを止めることができません。


これって、リバウンド?
もしかしたら、過食症なのかも。


でも、吐かなかったんです。


吐いていたら、
食べる吐く、食べる吐くの
過食症の典型的な悪循環におちいって
しまっていたのじゃあないかと思うのですが、


吐くことはなかったので、
今では、そのおかげでと思っていますが、
わたしの体重はじりじりとふえ、


20キロ体重をおとして以来
6、7年なくなっていた
生理ももどってきました。


眠っても眠っても
つきまとってはなれなかった
けん怠感も消えていました。


生理が止まったときにかかっていた
拒食症の専門医の先生によると、
初潮のときの体重をわると、
生理が止まってしまうのだそうです。


初潮のときの体重を上回り、
体調はよくなったものの、
体重はふえつづけます。


もうあと5キロもふえたら、
減量をはじえめたときの体重に
もどってしまうというとき、
イギリスへやってきました。


はじめてやってきたイギリスでの毎日は、
体重がどうのとくよくよ考えていられないような
あわただしさ。


いつか体重のことなど
すっかり忘れてしまっていたことに
気がついたとき、


太ってはけなくなってしまっていた
スカートやズボンが
再びはけるようになっていました。


そして、それからは、わたし、
体重のことは
あまり気にしないようになりました。


生理がなくなるほど体重を減らさないこと。
最近、太ったかなと思ったら、
空腹を快感に感じること。
美味しいものを食べるより作ること。


体重を気にしすぎない方が
かえってわたしにとっての最適体重を
保持できるのだということに気づいたのです。


20キロ落とすのには、
わずか2か月だったのですが、


そのあと、自分に最適な体重をさぐり、
その体重を保持する方法にたどりつくまでには、
10年の歳月を必要としました。


わたしって、ほんと、バカですね。


だから、みなさんは、
こんなわたしの轍など踏まれませんように。


減量は、生理が止まらず、
けん怠感の出てこない程度にとどめておかれることを
お勧めします。


ではでは、今日も、最後まで
おつき合いいただき、ありがとうございました!






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ









スポンサーサイト
この記事のURL | 今日のつぶやき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。