スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
出生届 
2012/07/20(Fri)
戸籍のないイギリスでは、

子供が生まれると、

出生証明書をレジストリーオフィスに届け出る。



日本名の姓名をミドルネームに入れて、

ユインのフルネームは、

名前がふたつ、苗字がふたつに決定した。



日本の戸籍には、

姓は、わたしの日本の姓、

名前の部分は、「ユイン」と、両親が考えてくれた日本名をつなげて届け出た。



カタカナと漢字の連名なのだが、

ミドルネームの制度のない日本のこと仕方がない。



それでも、

何とか名前は入ったものの、

どうにも、英語の方の苗字だけは入らなかった。



何だか、

えらい重要なものが欠落しているような気がしないでもなかった。



しかし、



家庭内の平和を保つためには、

大っぴらに騒ぎたてないほうがよさそうであると判断した。



だから、今でも、

イアンは、

自分の息子の日本の戸籍上の姓が自分の姓ではない事実を知らない。






next









スポンサーサイト
この記事のURL | まさかの国際結婚 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。