スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
はじめての冬
2012/06/29(Fri)
ヒースローに降りたってみると、

まだ午後の四時であるというのに、

外は霧込み、

すでに深い闇に包まれていた。



その真夜中のような暗さの中で、

わたしは、はたと気づいたのだ。



これまで、イギリスの夏は二度経験ずみだが、

冬は、一度も経験したことがなかったということに……。



うかつであった。



夜の十時になっても薄日が残っているほど日が長く、

不快な猛暑はなく、

とにかく目に映る何もかもが光り輝いている夏の間、

同じ国の冬が、

いかに陰惨でやるせないほどに長いかということには思いもおよばなかった。



そうろりと、

イギリスのはじめての冬に足をふみ出しながら、

はめられたわけではないのだ。

自分自身にそう言い聞かせるよりすべはなかった。






next









スポンサーサイト
この記事のURL | まさかの国際結婚 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。