スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
輝く夏の日 
2012/06/29(Fri)
ぬけるような青空がどこまでも広がる美しい昼下がりだった。



わたしは、友だちになった女子大生たちをひき連れて、

緑の芝生にかこまれたキャンパス沿いの道を街へ急いでいた。



銀行が閉まるまでに、

彼女たちのトラベラーズチェックを現金にかえるためであった。



そこへ、



突然……



「ヘイ、ガールズ!」 



野太い声が、背後の緑の土手の上からふってきた。



驚いてふりむくと、



身の丈ほどもある草刈がまを地面につき立て、

庭師が、わたしたちにむかって片手をさし上げている。



その一瞬、

あまりのまばゆさに世界がくらっと揺らいだ。






next









スポンサーサイト
この記事のURL | まさかの国際結婚 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。